子どもは大人よりも見逃されやすいので注意

原因と対処法

男女

原因を知って早めに対処しよう

鬱病というと大人だけがかかるようなイメージがありますが、最近では小学生の間でも増加している傾向です。もし子どもが鬱病になってしまった場合、親はどのように対処したらいいのかわからないのではないでしょうか。まずどのような原因でなってしまうかを知ることが大切です。小学生が鬱病になってしまう原因は、ストレス耐性が弱い点や環境の変化などが挙げられます。この子ども自身のストレス耐性の弱さは、先天的モノが多く、生まれ持った性格であるといえます。したがってそのようなストレス耐性が弱い子が、他の子にちょっとでもからかわれてしまうだけで、鬱病が発症してしまう場合があります。環境の変化とは、入学や転校などによって引き起こされます。小学校に入学したら勉強について行けなくなった、転校をして友達が変わったなどの環境の変化によって発症する場合があるので、注意が必要です。他にも両院の仲が悪かったり、いじめなどによって引き起こされたりすることがあります。子どもが鬱病かどうかチェックする方法は、頭痛や胃痛、微熱が3日以上続く、朝起きられず夜眠れないなどの症状が現れているかを確認することです。

もし、小学生の自分の子どもが鬱病を発症したのであれば、専門家と早期連携することが大切です。大人と違って子どもは自分の感情を言葉で表すことが難しいので、親が日常的に子どもを見てあげることがポイントになります。小学生の鬱病を早期に発見する方法は、家族で朝食や夕食を一緒に食べることです。忙しくてなかなか一緒に食べられないという方もいるかもしれませんが、食事中の何気ない会話の中で子どもの状態を知ることができるので、積極的に食事を一緒にとるようにしましょう。専門家と早期連携するポイントは、精神科を受診することです。小学3年生以上だと、精神科というところはどのようなところかわかっている場合が多いので、必ず本人の了承を得てから受診するようにしましょう。最初から精神科に行くのに抵抗があるという場合は、学校や地域にある保健所に相談することから始めるのも有効です。鬱病は早めに発見して、すぐに治療を行えば早期に回復する病気です。逆に症状を放置したままでいると、鬱病が長引く場合があるので、少しでも気になるようなことがあれば、専門家に診てもらいましょう。

Copyright© 2019 子どもは大人よりも見逃されやすいので注意 All Rights Reserved.