子どもは大人よりも見逃されやすいので注意

子供がかかる大人の病気

女の子

専門家と家族の対応

インターネットの発達で複雑な現代社会において大人だけでなく、小学生などの子供の精神的な疾患も見逃してはいけない項目となっています。特に子供の鬱病も増えている要因としては、ストレスなどの耐性が弱くなっていることや先天性なものとしては性格が挙げられます。また勉強についていけなかったり、常にいい子でいようという優等生意識がいじめにつながったりすることも少なくありません。環境の変化に対して強いストレスを感じるような子供では、鬱病を気をつけなくてはいけないので、まず親としてやっておきたいことはチェックリストを確認してつけてみることから始まります。初めての人は例えば食欲が低下していたり、常にイライラとしている気持ちを子供が出していたり、やる気があったところが急に集中力が落ちてしまったり、わかりやすいのは不登校や引きこもりになる傾向があります。そうすることで現状を把握することができますが、もちろん小学生の頃から複雑な感情の移行というのは少ないかもしれませんが、専門家と早期の連携を取り対応をしていくことが適切です。

気をつけたいのは、なんとなく自分の子供の性格だから放っておくということがあり、あまり放っておいても状況が悪化するだけでいい傾向ではありません。また過保護になりすぎて色々と手を焼くというのはあるかもしれませんが、優しい言葉をかけたり見守ったりするだけでも精神的な状況が上向きになることもあります。初心者が間違ってしまうのは、小学生の子供に「頑張れ」とか「大丈夫」という声掛けがありますが、これは鬱病の症状が重い場合には負担にしかなりませんので、もっと軽い気持ちの言葉をかけることが大事です。親が声をかけるとすれば「何があっても守って行くから」とか「少しだけ頑張るだけでいいよ」というような 言葉を面と向かって。しっかりと声をかけてあげることが重要になります。要するに子供との話す時間を積極的に取れるということは、家庭でのカウンセリングになりますし症状を緩和する一つの方法になるので、家族との協力でやっていくことが大事です。昔と違って小学生でも鬱病の傾向が出ているので、周りの大人もそのサインに気がついていくことで日常生活が送れるようになります。

Copyright© 2019 子どもは大人よりも見逃されやすいので注意 All Rights Reserved.