子どもは大人よりも見逃されやすいので注意

様々な技法を用いる

悩む子供

周りの支援も活用

鬱病になってしまったら、軽いうちに治療することが大切ですし、小学生の扱い方が上手いことで評判の医療機関を選びましょう。小学生の場合、原因になり得る事柄としては、家族や友達関係のもつれがもっとも大きいようです。また、身体症状となって出てくることもあります。例えば、小学生ならば食欲旺盛な時期、成長を促すものですが、「あまり食べたくない」とか「味気ないし、楽しめる食卓ではない」などの症状に悩むこともあります。食事を整えることで回復に繋げますが、コレステロール値を下げすぎないほうが、鬱病になりにくい研究データも出ています。ですから、肉や魚もしっかり取り入れ、適度に運動をし、お腹が空くように促します。また、小学生の鬱病は原因によって治療が複雑になります。傷つけないためには、心を開放させるために信頼関係を築く必要が大きいようです。仮に、親の死別であるなら、気持ちが戻らないのはおかしなことではありませんが、体力を回復させなければ治療に負担がかかります。後追い、引きこもり、こうした悪循環をなくすにも、認知、食欲、運動などは有効な治療法になると考えられています。深刻なものもありはしますが、これ以上悪化させないということを優先させます。

小学生の鬱病の問題は、思考のもつれを紐解くことが有効だといいます。例えば、将来の出来事に対して否定的な予想をして、それがあたかも「事実」であることのように捉える占い思考の小学生もいるでしょう。物語を作るように予想する、それならば読書療法などが行えますし、心を開放するには効果的です。鬱病では、相手が自分に対して否定的な見方をしていると考えがちで、それだけで気分は落ち込んでしまうそうです。小学生という幼さから、感情的な行動に出てしまって、友達関係がギクシャクすることもあります。「相手はどう考えているのだろう」と考える、あるいは気持ちに共感するなど、予想して察することが友達関係を良好にします。専門医は、なるべく抗うつ薬は処方せず、電気治療より民間療法を提案します。地域と連携し、交通少年団を発足したり、自分よりさらに幼い子供たちのお世話をしたり、親子参加でコミュニケーションを図ることも提案します。慈愛(自愛)も生まれたり、小学生らしい治療として確立しています。

Copyright© 2019 子どもは大人よりも見逃されやすいので注意 All Rights Reserved.