子どもは大人よりも見逃されやすいので注意

子どもでも心の病に注意

悩む子供

ストレスで増加傾向に

「朝起きられない」「食欲がない」など、小学生が体の不調を訴えることはよくあります。しかし内科で診察を受けても異常が見られないと、仮病を疑うことになりがちです。それはもしかしたら、鬱病のサインかもしれません。昔は鬱病といえば思春期以降にかかる病気とされていましたが、現在では小学生の患者が増加しているという報告があります。集団生活の中で強いストレスがかかると、先天的に耐性の低い子どもは鬱状態になることが知られています。放置しておくと不登校や引きこもりになってしまうことがあるので、早めに対策を講じるのがポイントです。子どもの鬱病の症状としては、ほかに腹痛や微熱があったり、イライラや不安などを感じるなどが挙げられ、大人とあまり変わりません。また特に理由もなく成績が下がっていく場合もあります。ただし小学生では鬱病だと自覚できないことが多いので、周囲の大人が十分に気を配ってあげる必要があります。普段からコミュニケーションをしっかりと取ることが大切です。

子どもの体調不良の原因がわからない時は、親や周囲の大人が鬱病を疑ってみることが治療の第一歩になります。早期に発見できれば、それだけ早く治すことができます。まだ小学生だから鬱病はないだろうという常識を捨てて、日頃の行動や状態を冷静に観察してみましょう。診断基準は大人と同じなので、もし大人の鬱病と似たところがあったら、早めに精神科や心療内科を受診するのが望ましいと言えます。専門のクリニックが近くにないとか、受診する方法がよく分からないという場合は、保健の先生や校医さんに話してみるのも一つの方法です。子どもとも十分に話し合って、双方が納得してから診察を受けることが大切です。小学生が鬱病と診断されたら、大人の場合と同じで、無理に励まさないように心がけましょう。鬱病は心が極度に疲れている状態であり、励ましは強いストレスになって症状を悪化させることがあります。専門のクリニックでは心理療法や抗うつ薬を用いて治療しますが、家族の理解とサポートも重要です。

Copyright© 2019 子どもは大人よりも見逃されやすいので注意 All Rights Reserved.