子どもは大人よりも見逃されやすいので注意

様々な技法を用いる

悩む子供 小学生の鬱病では、家庭や友人関係などが大きく影響しているケースが大半です。それぞれの原因や悩み別に、認知療法を優先して治療が進められます。しかし、医師のみならず、地域や周りが支援する催しに参加することでも、心の病が回復に向かいます。

詳しく見る

子どもでも心の病に注意

悩む子供 小学生でも強いストレスが原因で鬱病を発症することがあり、症状は不眠・食欲不振や成績の低下など、大人とあまり変わりません。子どもは鬱病であると自覚することが難しいので、周囲の大人が注意する必要があります。

詳しく見る

原因と対処法

男女 最近、小学生も鬱病になってしまうことが多く、その原因はストレス耐性が弱さや環境の変化が挙げられます。自分の子どもが鬱病ではないかと感じたら、早めに専門家に診てもらうことが大切です。早期に治療を行えば、すぐに回復することがあるからです。

詳しく見る

親だけでは限界がある

窓 精神科の受診に抵抗がある親御さんも多いですが、小学生の鬱病は他の精神疾患を伴うなど、複雑なことも多いです。受診は病気や治療を確定させるためのものでもありますが、子どもに対してどう対応すればいいのかなど親としても知るきっかけになります。

詳しく見る

子供がかかる大人の病気

女の子 今の小学生の子供が鬱病にかかる疑いがある場合には、まずチェックリストを作成してやってみることが重要になります。もし鬱病にかかっているようだと専門病院で診断を受けて、家族は声のかけ方も気をつけることで日常生活を取り戻すことができます。

詳しく見る

心の状態をカラダで表現

悩む子供

どんな病気か見極めをしっかりと

小学生で鬱病を発症するケースでは、目立つ症状が大人とは異なることがほとんどです。精神的症状よりも身体的症状が出やすい特徴があります。だからといって、精神的な症状がないかといえば、そうではありません。精神的な症状を大人に言葉でうまく表現することができないため、急に苛立ちや癇癪を起こしたり、逆に赤ちゃん返りしたかのように甘えだすわけです。また、そのうまく表現できないこともストレスとなり、腹痛や食欲不振、頭痛などの身体的症状としてあらわれることが多いです。そして、何かしらの変化の伴う鬱病の発症も多い傾向にあります。学校や友人との関係性の変化や親が離婚あるいは再婚するなど家庭環境の変化、加えて、小学校高学年になると性的な体の変化などがきっかけになることもあります。さらに、小学生の場合は、発達障害の中でも、知的な遅れのない高機能自閉症やADHDがあるとうつ病を発症しやすいです。これは、学校にうまく適応できないことによるストレスを感じやすいことが発症につながっているとされています。

鬱病は気分障害の一種で、いくつかのパターンがあります。典型的な鬱病は大うつ病と呼ばれ、悲しみやむなしい気持ちに加え、やる気や興味がなくなり、強いうつ状態が続きます。小学生の場合は、身体症状が主に出やすいことから、抑うつ状態かどうか判断のしにくい仮面うつ病のタイプ多いです。ただし、仮面うつ病は、大うつ病の初期段階でもあることがほとんどのため、鬱病により身体症状が出ていると早期に判断できるかどうかが回復のカギになります。そして、大人よりも小学生など若年層で発症しやすいのが、双極性障害や非定型うつ病です。双極性障害は、うつ状態に加えて、気分が高揚したりする躁状態も含んだパターンです。ただし、サイクル的には、うつ状態のターンが長いため、大うつ病と診断されることもあります。この躁状態がかなり軽度でわかりにくいものに非定型うつ病が含まれるという見解もあります。非定型うつ病は、落ち込みがあっても、ストレスとなっているものから離れ、自分が好きなことや良いことがあれば、症状が回復するパターンです。適切な治療のためには、まず、うつ状態だけを繰り返しているのか、それとも躁状態もあるのか、さらには、他の精神疾患や病気によるものなのかを見極めることが大事です。

Copyright© 2019 子どもは大人よりも見逃されやすいので注意 All Rights Reserved.